官兵衛の / kanvee.com

気まぐれ日記気まぐれに更新
‘官兵衛の’こと官兵衛が生きた軌跡
‘みんなの’メッセージ官兵衛を愛する人たちからの言葉
‘官兵衛を’もっと知る関連書籍・ムック・雑誌・漫画など
‘官兵衛の’イベント情報官兵衛にまつわるイベント情報
‘官兵衛の’サイトについてこのサイトのこと













2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』主人公・黒田官兵衛にまつわる情報満載のポータルサイト

サイトマップ ▶ ご要望・お問合せ

記事の詳細

光姫忌―官兵衛の妻・光姫の法要を行います―

2013年8月 4日 |

teru.jpg本日8月4日は官兵衛の嫡男で初代福岡藩主である黒田長政公の命日でした。


遠い昔に生きた歴史上の人物である点から平素は実感がなかなか沸きませんが、現在も末裔の方々がいて法要が執り行われていることを鑑みると、時代や時世は違えど長政も官兵衛も"生きた"方だったんですよね。


この時期になると第2次世界大戦を体験した世代の高齢化や、それに伴う惨劇の記憶の風化が話題になりますが、戦国乱世を生き抜いた長政に話を聴けるとしたら、どのようなお話をしてくれたのでしょう?


8月26日長政の生母・光姫の命日です。光姫は官兵衛に生涯にわたりただ一人の妻として愛され、戦乱の世に官兵衛を支え続けた女性です。


官兵衛と長政が福岡城を建てる傍ら、1602年、光姫は福岡城と二男・熊之助が眠る玄界灘の中間に位置する場所に圓應寺を開基しました。
その圓應寺では、毎年光姫の命日である8月26日に『光姫忌』として光姫と、同寺に眠る6代藩主の息女・厚姫(8月16日没)をご供養する法要を行っています。
今年は広く一般に公開されますので、みなさまお誘い合わせの上ご参拝くださいませ。


【 日 時 】
8月26日(月)14:00~(13:00開場)


14:00 光姫忌法要(30分)・授与十念・ごあいさつ
14:45 母里氏四方祓い演武、高取焼風鈴奉納
15:00 自由拝観(僧侶たちによる圓應寺ガイド、『圓應寺相和守』・如水庵オリジナル和菓子・『高取焼相和夫婦茶碗』『高取焼風鈴』販売など)
15:40 黒田藩伝柳生新影流(荒津会)奉修演武
16:00 寺宝『弁財天(空海作)」月供養


【 場 所 】
圓應寺
福岡市中央区大手門3-1-7


◆『官兵衛の』実行委員会のFacebookページ
◆『官兵衛の』ある実行委員のつぶやきTwitter


RSSニュース一覧

Copyright © 2013-2014 ‘官兵衛の’実行委員会 Allrights Reserved.

​ ​