官兵衛の / kanvee.com

気まぐれ日記気まぐれに更新
‘官兵衛の’こと官兵衛が生きた軌跡
‘みんなの’メッセージ官兵衛を愛する人たちからの言葉
‘官兵衛を’もっと知る関連書籍・ムック・雑誌・漫画など
‘官兵衛の’イベント情報官兵衛にまつわるイベント情報
‘官兵衛の’サイトについてこのサイトのこと













2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』主人公・黒田官兵衛にまつわる情報満載のポータルサイト

サイトマップ ▶ ご要望・お問合せ

記事の詳細

軍師とは?

2013年12月 1日 |

gunshi.jpg軍師とは?


大河ドラマが『軍師官兵衛』と題されているように、官兵衛は秀吉の軍師として知られています。官兵衛は秀吉の軍師としてコンサルタントのような働きをし、戦術や交渉や築城などの面で秀吉をサポートし、多くの戦を勝利へと導きました。


官兵衛は合理的に勝利を算段する"策士型"の軍師に分類されますが、この他、軍師には自ら軍を率い、時には内政も行う万能型の"参謀型"や、敵陣に赴き説得を試みる"交渉型"の分類が存在し、ひとえに勝利をサポートする役割といえども、その得意とする分類から様々な型に分類されます。


頭脳労働が主たる業務であったことから、隻眼の山本勘助のように身体にハンデがあったり、僧侶の太原雪斎のように宗教者であったりと、その出自はバラエティに富んでいましたが、軍師のルーツに当たる軍配者は、陰陽師や祈祷師などの呪術者で、天気や吉凶を占う事により軍事を司っていました。


軍配者は、戦国時代に入ると祈祷や占術により勝利を導く役割だけでなく、より実践的に勝利を呼び寄せる役割を求められるようになり、戦術や築城術に長けた"軍師"が現れだし、更に、戦国末期に入り戦の機会が減ると、内政など実践外の分野を得意とする官僚型の軍師が現れました。


◆官兵衛が生きた"戦国時代"とは
◆信長、秀吉、家康と官兵衛って?
◆軍師とは?
◆官兵衛の生い立ちと姫路での活躍
◆官兵衛と光
◆官兵衛のあの兜のこと
◆黒田二十四騎と黒田八虎
◆和歌、茶の湯の嗜み
◆官兵衛の博多町割り
◆キリスト教信仰
◆激動の中津城主時代


RSSニュース一覧

Copyright © 2013-2014 ‘官兵衛の’実行委員会 Allrights Reserved.

​ ​