官兵衛の / kanvee.com

気まぐれ日記気まぐれに更新
‘官兵衛の’こと官兵衛が生きた軌跡
‘みんなの’メッセージ官兵衛を愛する人たちからの言葉
‘官兵衛を’もっと知る関連書籍・ムック・雑誌・漫画など
‘官兵衛の’イベント情報官兵衛にまつわるイベント情報
‘官兵衛の’サイトについてこのサイトのこと













2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』主人公・黒田官兵衛にまつわる情報満載のポータルサイト

サイトマップ ▶ ご要望・お問合せ

記事の詳細

'官兵衛の'こと

2014年3月 1日 |

◆官兵衛が生きた"戦国時代"とは

大河ドラマが『軍師官兵衛』と題されるように、官兵衛は秀吉の軍師として知られています。官兵衛は秀吉の軍師としてコンサルタントのような働きをし、戦術や交渉や築城など ... >> 続きを読む1sengoku.jpg

◆信長、秀吉、家康と官兵衛って?

1567年、官兵衛が暮らす播磨の東側では、織田信長が『天下布武』を掲げて天下統一に向けて動きはじめており、西側一帯に勢力を持つ毛利勢との対立の様相を呈しはじめて ... >> 続きを読む2nobhideie.JPG

◆軍師とは?

大河ドラマが『軍師官兵衛』と題されているように、官兵衛は秀吉の軍師として知られています。官兵衛は秀吉の軍師としてコンサルタントのような働きをし、戦術や交渉や築城 ... >> 続きを読む
3gunshi.jpg


◆官兵衛の生い立ちと姫路での活躍

黒田家は近江から備前を経由して、官兵衛の祖父の代に播磨へと辿り着きました。当時の黒田家は流浪の身でしたが、祖父・重隆の代に目薬商で財を成して姫路一帯を治 ... >> 続きを読む
4himeji.JPG


◆官兵衛と光

現代でも一部の人たちの間では政略結婚がなされているようですが、政略結婚が表面化するようになったのは戦国時代に入ってからです。特に家を背負って争っていた時 ... >> 続きを読む
5teru.jpg


◆官兵衛のあの兜のこと

黒田官兵衛といえば、あのお椀をひっくり返した兜ですが、この"合子形兜(ごうすなりかぶと)"は、官兵衛の正室・光の実家の櫛橋家から婚礼の際に贈られたものです。"合 ... >> 続きを読む
6kabuto.JPG


◆黒田二十四騎と黒田八虎

下克上の戦国乱世を生きた武将の中でも、官兵衛は珍しく生涯において家臣を手をかけたことがなく、また、主君を裏切ったこともなく、家臣から大変慕われていたといいま ... >> 続きを読む
7kurodabushi.JPG


◆和歌、茶の湯の嗜み

戦国時代の教養として重視されていたのが、"和歌""連歌"と"茶の湯"でした。官兵衛はその両方を愛でた文化人としても知られています。"連歌"とは鎌倉時代に生まれた ... >> 続きを読む

8cha.JPG


◆官兵衛の博多町割り

官兵衛がはじめて博多の地を訪れたのは1586年のことで、九州平定の先鋒軍として島津征伐に乗り込んだことに端を発します。その年の8月、立花城(現・福岡県糟屋郡 ... >> 続きを読む
9hakata.jpg


◆キリスト教信仰

キリスト教は1549年に日本に伝来したとされています。その目的は日本の侵略だったとされますが、当時の戦慣れした日本の現状などを目の当たりにした宣教師たちは ... >> 続きを読む
10kirisuto.jpg


◆激動の中津城主時代

黒田官兵衛は豊前・中津城主としても知られています。1587年、九州平定で九州の内乱を収めた功により、秀吉から豊前国6郡を与えられたことで、41歳にして官兵衛は ... >> 続きを読む
11nakatsu.jpg


◆ 黒田官兵衛ポータルサイト『官兵衛の』

◆『官兵衛の』実行委員会のFacebookページ

◆『官兵衛の』ある実行委員のつぶやきTwitter

RSSニュース一覧

Copyright © 2013-2014 ‘官兵衛の’実行委員会 Allrights Reserved.

​ ​